• bonbonaccueil

コロナ後の世界は

最終更新: 5月17日

こんばんは。

お家で楽しむお花のフラワーケーキ教室 ボンボナクイユです。


一部を除き、非常事態宣言が解除されましたね。

静かだった街も、お店が開き始めて少しずつ活気を取り戻してきたように感じて、嬉しくなります。

皆さんはこの間、どのように過ごされましたか?


私は、コロナがなければ、3月にもう一度ラニ先生をお迎えしてクレイクリームのイベントレッスンをする事になっていました。

私も4月までに一度韓国へ行き、材料や資材の仕入れと仕入先の選定をする予定でした。

あとは、今一番気になっているミュージカル俳優さんがやっと舞台に立つということで、観劇をとってもとっても楽しみにしていました。


それが。

2月に入り韓国で感染が広がって来日が難しくなり、「4月以降に延期ね」となり、

「いや、4月も難しそうね・・・」「6月以降まで無理ね・・・」と。

そうこうしている内に、完全に行き来ができなくなり、今度は日本が感染拡大。

それでも、5月までは毎月渡韓予定日を空けていたのです。

どうしても、ミュージカルを見たくて(そっちか、笑)。

そのミュージカルも、先日千秋楽を迎え、一度も観られないまま終わってしまいました。


教室は、年末から再スタートしてちょっとずつペースもつかめて来たかな、と思えてきたところだったので、たくさん気も落としました。。。

周りに励まされながらなんとか気を持ち直し、無心でお花絞っている内に気持ちも落ち着いてきて。

お気に入りのクレイ作品が沢山できました^^


これからはどんな風に変わっていくのか。

一時的に変わること、ずっと変わること、色々出てくるでしょうね。

不安もありますが、良い方向に変わると希望をもって、また頑張っていきたいと思います。


温泉に行きたい〜!

韓国に行きたい〜!


最後に、去年今年の韓国の思い出の一部。


解放村 Le montblancの毛糸のケーキ。

ほっそくて急な坂道をどんどん上がったところにあって、怖くなり、お店にたどり着く前にタクシーを降りました(笑)。

最終日、空港へ向かう前に寄ったのですが、帰りに何故か何台もタクシーに乗車拒否され、とっても焦りました><

やっとタクシーを捕まえて安心したのですが、とーーーーーっても運転の荒いアジョシにあたり、乗る前とは違う種類の焦りを感じたという(笑)。

お店はとっても可愛くて、ケーキは見た目だけじゃなくてお味もバッチリ。

隣に、一人で来ていたアジュンマが座っていたのですが、「ノム イッポ(すっごくかわいい)❤️」と言いながら、一生懸命写真を撮っていましたよ^^


景福宮近くのカフェ、ノックルカジロニ

二階は韓国伝統の真鍮食器、鍮器(ユギ)のアトリエ、一階はカフェになっています。

熟した柿のデザートと、棗のラテ。

偶然訪れたこちらのカフェでは、ステキな出会いもあり、思い出の場所になりました。


光蔵市場のユッケと生肝!

日本では食べられなくなった、私の大好物。

去年の4月はお店で、今年の1月は持ち帰りでも食べました。

どちらもユッケチャメチプで。

すぐ近くにいくつか店舗があるので、並んでいても割とすぐ入れます。


遅めの朝ごはんはトゥッペギチプ。

鐘路エリアに泊まる事が多いので、朝ごはんで使うお店。

550円でおいしいチゲが食べられます。


この他にも、行きたいおみせがたくさん。

早く、以前のように行き来できるようになりますように。

今年はもっともっと頑張って、来年のお正月にはアメリカへ行きたいな。


皆さん、自粛期間、本当にお疲れ様でした。

まだまだ完全には気を抜けませんが、少しづつ普段のペースに戻していきましょうね。

私も、そろりと、活動開始です。